« もうお久しぶりって言うのもめんどくさい。 | トップページ | 仕事休んだ »

映画すみっコぐらしを観た。

Photo_20191125211901

勤労感謝の日に映画「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」を見に行きました。

Twitterでは「逆詐欺映画」とか

」とか

見えてる地獄」とか

ジョーカーの方がマシ」とか

にわかに信じ難い感想で一時期賑わっていた本作ですが別にそれで興味が湧いたとかではなく単純に六角玄武、前からずっとすみっコぐらしというコンテンツが好きだったし、童話の世界が舞台と聞いて俄然これは観ねば!と思い切って観に行ってきましたよ。

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

何がジョーカーの方がマシだよジョーカー観てないけど!ぜんっぜんいい映画だったじゃないかこの野郎ォォォ💢💢💢

もうまさにお話のすみっコからすみっコまで可愛さと優しさで満たされてました。あの「すみっコぐらし」の映画って、あのゆるゆるな世界観を大スクリーンでやるつもりか!?と発表された時は思ってたんですがマジであのまんま。皆が知ってるそのまんまのすみっコぐらしでした。

原作特有の愛らしくもどことなくシュールな雰囲気を全く壊す事が無く、製作者スタッフがいかに「すみっコぐらし」の世界観を大事にしているのかがよく分かります。伏線も見事。

さて、この映画の最大の肝はやはり何といっても本作のキーキャラであるひよこ?

すみっコ達と出会った時に皆からジロジロ見られて涙ぐんじゃうシーンを見た時ゃ見事にハートをぶち抜かれました。私・・・・・小さくて可愛い生き物が健気に一生懸命頑張る姿には弱いんです・・・・・。ひよこ?の正体を知った時は唖然としました。私はてっきりひよこ?は実は「青い鳥」に出てくる幸せの青い鳥で、最後青く美しい姿に成長してすみっコ達と別れるラストなんじゃないかと思ってたんですがそんなありがちの展開では無かったですね。やられた。隣に座っていた女の子がわあっと泣き出していたのが印象的でしたね。自分の正体を知っても、残酷な現実を突きつけられてもそれでもぺんぎん?を始めとしたすみっコ達にずっと守られてきたひよこ?がすみっコ達の為に奮闘する姿はもう健気で切なくてもう・・・・・・・。

最終的にひよこ?はあれで報われたと私は思います。それはラストのひよこ?の笑顔とエンディングの優しすぎる世界が全てを物語っているでしょう。主題歌も優しい世界と相まって涙を誘います。

ひよこ?はあの世界でこれからも絵本の世界の住人達と一緒に暮らしていく事でしょう。あー思い出したらやっぱり涙が出てきた。

 

Twitterに流れた大げさな感想で見るのを謙遜してるそこの子連れさん方、大丈夫です。これはそういう映画ではありません。

とにかく可愛く、愛らしく、どことなくゆるゆるでシュール、そして優しい「すみっコぐらし」そのまんまです。今からでも間に合います。皆さんこの優しすぎる世界観に浸って幸せに包まれちゃって下さい。

 

 

Twitterの情報なんか鵜呑みにするな。

 

 

|

« もうお久しぶりって言うのもめんどくさい。 | トップページ | 仕事休んだ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もうお久しぶりって言うのもめんどくさい。 | トップページ | 仕事休んだ »